シャドーイングの勉強方法

シャドーイングとは、つまり聞き取った英語をその後から追いかけて口にすることです。 音声教材などで耳に入ってくる英語をヒアリングしながら、口に出して真似することで、耳と口の両方で英語を学習することができます。

繰り返すことが慣れに繋がる

英会話において、最も難しいのが、自分の考えを英語として口にすることです。 海外の映画やドラマ、音楽があふれている現代では、英語を耳にする機会も多いので、相手の英語を聞き取ることは、実はそこまで難解ではないとも言えます。 しかし、実際に自分で話すとなると、かなり難しいと感じるのではないでしょうか。頭で理解することと、実際に口にすることは大きく異なります。 そこで、シャドーイングという学習法が有効になってくるのです。 適当な英会話教材などを用意し、再生される音声に続いて、自分でも同じように口にだしてみましょう。 対人ではなく、音声の後について繰り返すだけで、英会話スキルが上がるのか?と思われるかもしれませんが、これを繰り返すことで、英語を話す、口に出すということに慣れが生まれます。 この「慣れ」が実践には非常に重要で、構えることなく、英語が口をついてでるという環境を作るのです。

シャドーイングの利点

シャドーイングという学習法には、いくつかの利点があります。 一つは、シャドーイングによって、発音だけでなく、リスニング能力が向上するということ。 音声の後を追って、真似をするということは、集中してその音声を聞きとるという作業が必要になります。 目的意識を持って集中して聞きとることで、ただ聞き流すよりも、細かいディテールや発音のクセを掴むことができます。 こうしたクセやリズムが、いわゆるネイティブの発音の特徴であり、それをそっくりまねすることは、発音を良くする効果もあります。 それだけでなく、自分が発音できるようになった音は、聞き取りやすくなりますから、結果として英語を聞きとる能力も向上するのです。 そして、シャドーイングのもう一つの利点は、音読によって暗記の効率が上がるということです。 音読はとても原始的な学習方法ですが、ただ目で追う、耳で追うだけの学習方法よりも確かに記憶に残りやすいと言われています。 実際、試験勉強などで、声に出して化学式を覚えたという人も多いのではないでしょうか。 シャドーイングによって、声に出して読むことで、効率的に英語を覚える事が出来るのです。 英語の聞き取りや発音だけでなく、語彙力を伸ばす上でも、シャドーイングという学習方法は効果的です。 シャドーイングをしっかりと繰り返しておけば、相手の話を聞きとるだけでなく、とっさの会話でスムーズに英語を発声できるようになりますよ。

Copyright © 2011 英語ラーニング All Rights Reserved.… HP内における全てのデザイン・画像の引用は固く禁じます …  TOP  サイトマップ  運営者情報  免責事項