リスニングの勉強方法

英語のリスニング力を上げるには、やはり単語や文法を知ることが大事です。 聞き取った英単語が何を表しているのかがわからなければ、会話を理解することはできませんよね。音を聞き取ると同時に、それが何を表すのかを理解するということが必要なのです。

段階を踏んで効果的に学習する

相手が話している音が聞き取れても、その意味を理解していなければ意味がありませんよね。 リスニングスキルを上げたいなら、遠回りに思えても、まずは英単語、英文法を復習することが必要です。 同時に、その単語や文法を声に出して、発音を理解しましょう。 そうすることで、英語を聞き取ったとき、それが何を表しているのかを理解することができます。 また、いきなり対人で英会話に挑戦するというのは、やはり敷居が高いものです。 まずは、音声教材などを利用して、実際の会話を音として聞き取る練習をして、学習した単語や文法が、実際の会話でどの様に聞こえるのかを理解しましょう。 この時、耳で聞き取るだけでなく、実際に声に出して復唱することをおすすめします。 耳で聞いてから、実際に自分の口で声にしてみる。この繰り返しが、リスニング能力を確実に上げてくれます。

ディクテーションという方法

ディクテーションとは、つまり、耳で聞き取ったそのままを紙に書き起こすことで、英語の学習方法としても非常に優れています。 書きとるという作業は、ヒアリングを行ううえでも集中力を格段に高めてくれます。 まず、教材となる音声を選び、ひととおり再生してみます。 その際、聞きとれた単語を書き出して行って、内容を予測してみましょう。 次に、ひととおりの再生と書き出しが終わったら、センテンスに分けて、再度音声を再生します。 そして、再生したセンテンスから聞きとれた単語を書き出していくのです。 スペルや文章校正などはひとまず置いておいて、聞き取ることに集中してください。 そうして、ひととおりの内容を聞き取り、書き出せたと思ったら、テキストなどで添削します。 添削で間違っていた箇所や聞きとれていない箇所を見つけたら、今度はそこを重点的にヒアリングしていきます。 あとはこれを繰り返すだけ。単純ですが、とても効果の高い学習方法と言えます。 ディクテーションは、根気良く繰り返すということが何よりも大切です。長い時間はなかなか集中力が続かないという場合なら、一日10分など、時間を決めて、短いセンテンスを聞きとるだけでも十分です。 あまり難しい教材は使わずに、大体7割から8割は理解できるかな、という程度の教材を使って学習するのが効果的です。 それらの音声が十分に聞き取れるようになったら、次のレベルに進むようにしましょう。

Copyright © 2011 英語ラーニング All Rights Reserved.… HP内における全てのデザイン・画像の引用は固く禁じます …  TOP  サイトマップ  運営者情報  免責事項