ライティングのスキルとは

ライティング能力を上げるには、文法を習得することが大切です。 日本の英語教育は、幸いにして、文法をしっかりと教えてくれますから、日本人はライティングの習得に最適の教育を受けているといえます。 中学校や高校で習った英語を復習するだけでも、ライティング能力はぐんと上がっていきます。

リーディング能力とライティング能力は比例する

文章力は、読書量でも決まります。 語彙が多く、表現が豊かな人というのは、読書家でもありますよね。英語のライティング力にも、いかに多くの文章に触れているかということは確実に影響します。 いきなり文章をつづろうとしても、上手く言葉が出てこないということは英語だけでなく、日本語でも良くあることですよね。 こうした場合は、とにかく様々な文章に触れるようにすれば効果的です。 また、日常で感じたことや行ったことを日記やメモに残すようにすることも効果的な学習になります。 とにかく普段から文章にふれ、書きとめる習慣を付けることで、ライティング力は確実にUPして行きます。

ライティングスキルを上げるには

ライティングスキルを上げるには、いきなり難解な長文に挑むのではなく、短い簡単な文章を組み合わせて文章を作るということを意識することです。 最初から長文で文章を書き起こそうとするあまり、一文も出来なかったということは良くあります。 まずは、短い文章でもしっかりと意思を書き表せるようにしていきましょう。 例えば日記などのように、少しずつでも、毎日続けるということが大切なのです。そうしてライティングを繰り返すうち、自然と長い文章もつづれるようになっていきます。 また、文章を作るということは、基本的に自分の伝えたいことを外に発信するという作業です。気持ちを以下に語彙豊かに伝えるかということは、そのまま自分の英語力にも関わってきます。 ライティングスキルを鍛えるうえでは、自分の語彙力の足りない部分を学習で補うという作業も必要になってきます。 しかし、ここでも大切なのは、まずは書き起こすという作業をつづけることです。辞書を首っ引きでつづった文章も、確かに語彙を伸ばす上では重要ですが、毎回毎回が辞書と睨めっこしながらの作業というのでは、なかなか集中力は続きません。 気持ちよく日々の記録を書きつづる中で、3割程度、辞書などを引いて調べる時間を取る、これくらいの割合がちょうどよいと言えるのです。 また、いきなり英文をつづろうとしても難しいものです。 自分の思った事を書き綴るという作業に苦痛を感じる場合は、まずは歌の歌詞や小説などの気に入った一説を書き写すという作業からはじめるのも良いでしょう。 こうした練習を繰り返すことで、自然と語彙が増えていき、自分で英語を書くという作業が苦痛では無くなっていきます。

Copyright © 2011 英語ラーニング All Rights Reserved.… HP内における全てのデザイン・画像の引用は固く禁じます …  TOP  サイトマップ  運営者情報  免責事項