スピーキングのスキルとは

スピーキングのスキルは、「発音やイントネーションをいかに正確に表せるか」と、「場に適した表現、内容を適切なタイミングで発言できるか」の2つに集約されます。

スピーキングスキルを上げるには

スピーキングスキルを上げるには、まずは英語を口にすることに慣れるという事が大切です。 特に、普段英語を話す環境にない人の場合、自身の口から英語を発するという機会はめったにありません。 参考書や教材でいくら知識を蓄えていても、実際に英語を口にすることがなければ、「話す」という能力は無いも同然と言えます。 こうした環境にある場合、まずは英語を発するということに慣れることからはじめるのが得策です。 これには、音読とリピーティングという学習法がおすすめ。 音読とは、英文を口に出して読むこと。リピーティングは、聞き取った音声の後に続いて、発音等を真似て口に出すこと。 いずれも英語を「話す」事に慣れるには最適の学習法です。 また、リピーティングは、ネイティブの発音をまねることで、自分の発音を修正することもできますから、一石二鳥です。 この時大切なのは、まずは量をこなすということ。 英語を口にすることに慣れるということが目標なので、まずは内容などは2の次にしておいて構いません。 少しでも多くの英語を口にすることで、英語を話すという事に慣れるのが目的なので、自分が発した英語が合っているかどうかは、ひとまず置いておいて、次々と読み進めるようにして下さい。 また、発音の難しい言い回しや単語は、とりあえず後回しにしてしまいましょう。簡単な言い回しをしっかりこなせるようになれば、いつのまにか難しい言い回しも口にできるようになるものです。 この反復練習で、スピーキングの基礎となる「英語を口にする」事に十分に慣れたら、そこで初めて量より質を求めていきます。 教材を新聞やニュース番組等に変更し、少しずつレベルを上げていくと良いでしょう。 段階を経て、少しずつレベルを上げていけば、無理なくスピーキング力を付けることができますよ。

英語で意思疎通

発音やイントネーションを正確に表現できるということは、相手にも聞き取りやすい英語を話せるという事です。 例え英語を理解していても、それが相手に伝わらなければ意味がありません。発音やイントネーションをネイティブに近づけるには、やはりネイティブの英語をまねるのが一番の近道です。 ネイティブの音源が入ったCDなどを繰り返し視聴し、まねることで、発音のクセを治していきましょう。 そして、スピーキングで何よりも大切なことは、場に適した言葉を選び、自分の意思や考えを相手にしっかりと伝えることができるかということです。 また、ビジネスシーンにおいては、いかに自分をアピールできるかということが大切です。教科書通りのそつの無い英語も間違いではないですが、その場の雰囲気に合わせた軽いおしゃべりが重要なこともあるのです。 こうした日常会話は、教科書や参考書を見ているだけでは習得できません。実践的なシチュエーションの会話を収録した英会話教材や、ネイティブとの実際の会話が一番の学習材料となります。

Copyright © 2011 英語ラーニング All Rights Reserved.… HP内における全てのデザイン・画像の引用は固く禁じます …  TOP  サイトマップ  運営者情報  免責事項